リノベーションの待遇制度について

リノベーションは待遇制度という魅力がある

リノベーションは個性的で魅力的な住宅が建築できるという事や、新築と比較してコスト削減の住宅ができるということで注目されています。
おしゃれで暮らしやすく、人に自慢できるような付加価値を持ったリノベーション物件、これから先も、高く評価され、注目されている建築となりそうですが、このリノベーション、付加価値がある、魅力的などの面のほかにも、実は非常によい面を持っています。

それは、色々な優遇制度があるという事です。
こうした優遇制度を理解すると、よりリノベーション物件の魅力が深まります。
知っておくと新築との比較も可能なので、よく理解しておきましょう。

消費税がかからないって物件があるって本当?

ドンドン上がっていく消費税にうんざりしてしまう状態の日本ですが、この先も残念ながら消費税は上がっていく予定となっています。
そのため、車などの大物購入は、滑り込みで消費税が上がる前に契約するという現象が消費税アップ前に何度も起っていますが、実はリノベーションを考える時に購入する中古物件について、売り主が個人となる事が多いので、消費税がかからないものも多いのです。

不動産業者等、業者が売り主という場合は、中古物件に消費税がかからなくてもリノベーション費用や仲介手数料に消費税がかかるのでここは了解しておきましょう。

ローンは物件とリノベーションを総合して組める・住宅ローン控除もある

住宅ローンは非常に低金利となってますが、リノベーションを行う費用と中古物件を購入する費用をまとめて組むことができるので、利息を安く利用できるというメリットも存在しています。

国としても、まだまだ利用できる中古物件をもっと流通させたいと考えていますので、中古マンションのローンなども緩和するように国の方から金融機関に方針が伝えられています。
リノベーションする費用も含めて住宅ローンを組めるという事はコスト削減の方法となります。

更に中古物件をリノベーションするという場合、リフォーム付き住宅ローンという扱いになるため、控除対象となります。
住宅ローン控除は金融機関から住宅ローンの借り入れ意を行った場合、年末の借入残高によって最大1%の所得税が控除、還付されるという制度です。
適用については最大10年という事なので、これは大きな優遇措置といえます。
持ち路、新築よりも中古の場合、価値を消費しているという事になりますので、固定死産税も軽く、毎年出す費用も少なく済むのです。

待遇があるから理想的な暮らしを作る事が出来る

こうした待遇を考えると、予算に少々余裕が生まれてくるという方も多いでしょう。
少し予算が出てきたら例えば予算的に諦めていた設備の投入を考えることもできますし、インテリアに凝ってみようと思う事もできるでしょう。

リノベーションは優遇措置があるからこそ、コスト削減という事も出来、お財布に優しい建築を考えることができるのです。