リノベーションで「スケルトン」にするメリットとは

建築におけるスケルトン状態とは

お店を開業する時、居抜き物件がいいかそれともスケルトン状態のお店を購入して自分が思うとおりの状態にする方がいいか、考えているなどの意見を聞くことがあります。
居抜きというのは、前に利用していたお店、業者の営業状態がそのまま残っている状態、設備や機能などを利用出来るため、費用少なく営業できるなどの利点があります。
ただ自分の理想的なお店になるかどうかはわかりません。

スケルトン状態というのは、鉄骨むき出し状態になっているものです。
賃貸でお店などを借りている場合、お店を閉めて大家さんにお店を返すとき、原状回復するという事が必要となりますので、内装の解体等を行いスケルトン状態にします。

リノベーションの世界でも、スケルトン状態にまで持っていき、大掛かりなリノベーションを行う事がありますが、このメリットまた逆にスケルトンにすることのデメリットとはどのような事があるのでしょうか。

スケルトンにすることで骨組み以外を新しく一新出来る

建物の壁、天井、キッチンなどの設備などを全部取り払った状態にすることをスケルトン状態といいます。
骨組のみ、コンクリート打ちっぱなしという状態にしてからリノベーションを考えるため、色々なことが可能です。
間取りを自由に変更できますし、壁材にしても利用するほとんどのものを一から考えることができます。
配管や設備等、古くなったものを全て取り替えることができるので、安全面ということでもいい措置となりますし、内装に対して自分がしたいように変更できるというメリットを持っています。

今までと全く違う建物にしたいという場合、リノベーションでもスケルトン状態にしてから行うという方法が最も理想的なリノベーションとなります。

コストがかかるというデメリット

スケルトン状態にするリノベーションは、コスト面が大きなデメリットとなります。
骨組みだけの女歌にするという事なので、設備、壁、天井等すべてを取り払います。
リノベーションでも、例えば壁だけいじるとか、バスルームを最新機能のものにするとか、少々リビングを広げるなどの場合、それほど大きなコストがかかる事はありませんが、スケルトン状態まで持っていくという事になると、解体に近い状態で人件費も産業廃棄物処理費用もかなり掛かります。

築年数、広さなどの条件もありますので、一概にスケルトンにした場合の相場というのは計算できませんが、スケルトン状態からリノベーションを行ったことでかなりの費用が発生したという事はよく聞きます。

こうした思いもかけない大きな費用とならないように、どのようなリノベーションを行うのか、リノベーションの専門業者の方としっかり話し合い、見積してもらう方が安心なのです。