KH133_72A

キッチンを汚さずにできる料理レシピ

お料理をしたいと思っていても、時間がなくキッチンが汚れてしまうことに抵抗を感じるという方は、キッチンを汚さずに作ることができるレシピを考えてみると良いです。
私は比較的お料理が苦手なので手抜き料理ばかりを食べていますが、それでもキッチンを汚さず栄養バランスの整ったメニューを考えるのはとても楽しいですよ。

ちぎってほぐすだけの簡単サラダ

まず最も簡単なのは包丁は一切使わずちぎってほぐす、そしてお皿に盛り付けるというだけの簡単サラダになります。
レシピも何もありません。
チキンなどを使う場合にはさっと水洗いした鶏肉をラップに包んで電子レンジでチン。
粗熱を取ってからほぐせば良いです。

この方法ならお鍋を使う事もないし、キッチンが汚れてしまう心配なんて一切ありませんよね。
時間がないときでも簡単に作って食べることができます。
またお野菜の大きさなどに関しても手でちぎるので、自分の食べやすい大きさに合わせることができます。
ただし、トマトなどを使用する際には手でちぎる事が難しいので、ミニトマトを使うといった工夫を取り入れてくださいね。

和風パスタはキッチンを汚さず手軽に作れる

パスタを作る際にはソースから自分で作ろうと思えばキッチンを汚してしまう懸念が出てきます。
しかし、イタリアンテイストや洋風テイストのパスタじゃなければ、さほどキッチンを汚さずに作ることができます。

特に和風パスタならキッチンも汚さないという点ではもっともお勧め。
ガスコンロやフライパンを使用する必要がありますが、ソースが飛び跳ねて汚れてしまう心配などがほとんどないので洗い物も楽チンです。
私がよく作るのはシメジなどのキノコ類、そしてシソを使ったものになりますが、これなら材料そのものについては手でちぎるだけで良いです。

味付けに使用する調味料はパスタを茹でた後ボールなどに移してお醤油や塩コショウさらには和風だしの素などで味付けをするだけ。
わざわざソースそのものに火を通す必要がないので油ハネを気にする心配がありません。
ただキノコ類に関しては、やはり火を通す必要があるため、ここで若干油ハネが起きることもあります。

どうしてもそれが嫌な場合にはお湯を沸かしてきのこに湯通しするといった方法がおすすめですよ。
本当にキッチンを汚さず短時間で作れるので、皆さんも作ってみてください。

電子レンジや炊飯器を活用したレシピを探す

包丁やまな板を使うことがあってもガスコンロをほとんど使用しない方法として、電子レンジや炊飯器を活用するというレシピがあります。
私も最近知ったので、このようなレシピばかりを探しているのですが、本当に重宝してくれるものばかりですよ。
電子レンジを使って野菜に火を通してしまうことでフライパンや鍋を使うことがなくなります。

ちょっとした和え物なんかであれば、この方法で充分。
さらに炊飯器を使ったレシピには煮込みものからローストビーフなんていうものもあるので、本来時間をかけながらフライパンで作るメニューも簡単に炊飯器で作ることができてしまいます。

このようなレシピを知ってから私はお料理に使う時間がとても減りました。
しかしレシピそのものはとてもたくさんあるので、レパートリーは広がり、お料理タイムが楽しくなりましたよ。